お知らせ

抜け毛を引き起こす食品

食べ物と脱毛

ストレスと食生活習慣の変化により、40~50代の男性が全遺物とされていた抜け毛が20~30代の若い年齢層にも現れています。

また、女性に多いダイエットは貧血や各種栄養不足状態を誘発し、深刻な抜け毛症状を引き起こすことがあります。

若い世代と女性の抜け毛増加は、抜け毛が遺伝的な要因や男性ホルモンによるものではなく、後天的な要因が多いことを意味します。 後天的な要因の中で抜け毛を引き起こす可能性のある悪い食べ物を見てみましょう。

1. 加熱した油に揚げた食品(揚げ料理、フライドチキン類)

血中の過酸化脂質が増加し、人体が酸化し抜け毛を引き起こします。

2. 過度の脂肪と炭水化物の摂取

脂肪や炭水化物を過剰に摂取すると、皮脂の分泌異常を引き起こし、フケが増加します。 経済的な豊かさは各種成人病はもちろん抜け毛症まで誘発します直接的な原因となりました。

3. 暴食と食べ過ぎ

暴食は余分なカロリーを作り出し、肥満となります。 また、食べ過ぎは内臓に大きな負担となり肌が荒れ、毛髪の成長にも悪影響を及ぼすことになります。

4. 白い炭水化物

白米、白砂糖、白小麦粉など白い炭水化物は食卓から遠ざけるべき食品です。 白米よりは玄米食を、白砂糖ではなく蜂蜜を、精製された白塩の代わりに黒い天日塩をフライパンに軽く炒めて粉にして食べるのがお勧めです。自らの健康のためになりますべく外食を控える習慣も必要です。

5. 辛く塩辛い食べ物

現代人の一日の塩分摂取量は概ね15~25g程度です。塩分の摂取量が過剰になりますと血圧が上がり、ナトリウムの水分保存性質に低下し、肝臓と心臓に負担をかけることになります。 その結果、成人病や血液循環などの障害を起こし、抜け毛の原因にもなります。

6.コーヒー、タバコ

コーヒーに多く含まれるカフェインが血圧を高め、ストレスの要因と作用します。 子供たちが好きなコーヒーミルクやコーヒー味アイスクリームにもカフェインが多く含んでおり、コーラの10倍と高い。

喫煙はビタミン不足現象を引き起こし、抜け毛を加速させます。 タバコのニコチンは血液循環を妨げ、肺機能を低下させ、頭皮の健康に弊害を及ぼします。

7.加工食品と甘い食べ物

私たちが日常に食べるお菓子、パン、ラーメン、ハム、ソーセージなどインスタント加工食品は肌を緩める性質があり、結果的に抜け毛の原因になります。

8.ソフトドリンク

コーラやサイダーなど清涼飲料に添加された甘味料は抜け毛を誘発し、消化器官が冷えて栄養吸収と血液循環ができなくなり、抜け毛の原因になります。

9. 香ばしい食べ物

ピーナッツ、酵母などを多く摂取すれば毛髪健康に良くない。香ばしい食べ物は男性ホルモンに似た作用をする物質を含んでおり、抜け毛の方は避けるべきです。

10. 夜食

夜食は余分な脂肪分泌となり、フケと脱毛症の原因となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました