お知らせ

産後脱毛症

女性の代表的な脱毛としては、出産後に現れる産後脱毛症があります。

女性ホルモンは毛髪の発育を促進する方向に作用します。 (これとは異なり、男性ホルモンは脱毛を促進する方向に作用します)
妊娠中は女性ホルモンが旺盛に分泌されますが、産後には急激に減少するため、その影響で脱毛現象が目立つようになります。

通常、産後2〜5ヶ月後に現れ始め、脱毛の位置は主に頭の前の3分の1部位の髪の毛が抜けます。 妊娠すると、胎児の栄養供給のために全身衰弱症状が現れ、内分泌ホルモンの変化が生じるが、このため髪が抜けてしまいます。

出産後の休止期の脱毛症はほとんどの女性が経験する現象ですが、遺伝的な要因が重なる場合、出産後の休止期の脱毛が完全に回復せず脱毛症に進行する可能性があるため、特に注意が必要です。 実際に女性の脱毛症の場合、相当数が出産後に始まる傾向があります。 したがって、脱毛量が多い場合や家族歴がある場合は、出産後の休憩期の脱毛期間中に適切な薬物治療をして症状を緩和することをお勧めします。

1)症状
自覚症状なしに髪が円形になって落ちる現象で、主に頭髪に発生し、まれに眉毛やまつげにも起こり、病巣が拡大していくことがあります。

2) 原因
妊娠した場合、女性の髪の毛は成長が遅れるようになります。 つまり、正常の場合1日30-70本程度抜けますが、妊娠期には抜け毛がそれより少ないです。これは妊娠によるホルモンの変化によるものです。 代わりに出産後2〜4ヶ月間、普段より2倍以上の髪の毛が抜けるようになります。

この現象は通常約5ヶ月ほど経ってから正常に戻ってきます。 しかし、産後管理がうまくいかなかったり、産後に続く子育てや業務などのストレスによって、正常に戻るのに時間がかかったり、妊娠前のように戻ってこない場合もあります。

3) 治療
脱毛が心配になったり、妊娠前から薄毛の方は入念に毛髪管理を行い毛根を丈夫に保つことが重要です。一般的には半年程度で回復するので心配する必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました