お知らせ

脱毛自己診断3段階

脱毛前兆現象

1.髪が細くなる

2.腕、足、胸などに毛が多くなる。

3. ひげが抑えられる。

4.部屋に落ちた髪がたくさん見つかる。

5. 頭に油が多くなり汚れになる。

6.頭皮が頻繁にかゆみ。

脱毛が現れる危険信号17種類

1.頭皮にフケが生じた。ビッグシックで湿ったフケ。

2.フケが肩の上に落ちる。白くて小さな粉のようなフケ。

3.頭皮がかゆみます。

4. 髪の毛がべたつき、臭いがし、脂っこい。

5.頭皮に油が挟まれて爪で擦ると時が出る。

6.髪がツヤがない。

7. 髪が細くなる。

8. 髪を巻くと目立つように髪の毛がたくさん抜ける。

9. 寝たらベゲの近くに髪がたくさん抜けている。

10.頭の上部の後ろを指先でこすって痛い。

11.髪が割れ、膣が切れる。

12. シャンプーや石鹸でのみ髪を巻く。

13. パーマ、染色をぶら下げる。

14. ドライヤーでほぼ毎日髪のお手入れをする。

15.頭髪と頭皮を頻繁に検出しないで不潔である。

16. 甲状腺機能障害がある。

17. ストレスの多い環境で暮らす。

脱毛開始自覚症状

1.頭皮が乾燥する。

2.頭皮がかゆみ。

3.頭皮に皮脂と老廃物が増加する。

4.落ちる髪の量が増加し、脱毛の量が減少しない。

5.抜けている髪の太さが似ておらず、細い髪がどんどん増えていく。

6.両額のラインがますます弱まり始める。

7. 非常に頭頂部の髪の毛がたくさん抜ける。

8. 突然フケの量が多くなる。

このような症状が現れ始めると、脱毛が進行していると見なければなりません。

自覚症状を感じた場合は、必ず頭を毎日巻いて頭皮を清潔にし、頭皮マッサージや食べ物を隠すなど、脱毛の進行を防ぐ方法を用意する必要があります。

出典:国際頭皮毛髪の科学研究財団

コメント

タイトルとURLをコピーしました