お知らせ

円形脱毛症の原因と治療

円形脱毛症は、通常は1、2箇所で発生しますが、適切な治療を受けると簡単に回復することが多いです。円形脱毛症現象は何の自覚症状がなく現れることが一般的で、抜け毛の部位が後頭部であるため、初期の段階では本人も気づかないです。

円形脱毛症の特徴は、髪の毛が抜ける境界がはっきりしていることです。その境界の内側の髪の毛は簡単に抜けるのが特徴です。病状が深刻な場合には髪の毛全体が抜け出す前頭脱毛症になることもあります。また稀ではあるが、全身の毛が落ちる場合もあります。

通常、円形の脱毛が1~2箇所発生しますが、頭皮以外のひげ、眉毛、陰毛など全身に及んで脱毛が起こることがあります。一般的に脱毛症はサイドヘアと後髪は抜けないので、全体の髪の毛が抜ける円形脱毛症と異なります。

円形脱毛症の原因は自己免疫疾患とみなされ、精神的なストレスが主な原因であると認識されています。

円形脱毛症の治療は、髪が抜けた頭皮に1〜2週ごとに直接注射することが最も一般的です。そのほか、副腎皮質ホルモン剤をその部位に塗ったり、病状がひどい場合には飲み薬を投与します。その他、免疫治療、冷凍治療、発毛剤の塗布などの治療方法があります。

思春期の前に発症したり、ヘビの形で髪の毛が抜ける蛇行性脱毛症、髪全体が抜けた脱毛症は治療が容易ではありません。しかし、重度の脱毛症も精神的な安定と専門的な皮膚科の治療を続ければ回復することがありますので、あきらめずに治療を受けることをお勧めします。

円形脱毛の治療 円形脱毛症の原因は多くの場合ストレスであるだけに、ストレスを減らすことが最も重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました