お知らせ

ジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT、dihydrotestosterone)は、内因性のアンドロゲンであり、性ホルモンおよびステロイドホルモンとして機能します。

男性ホルモンの標的細胞内における活性型ホルモンです。前立腺、精嚢、精巣上体、皮膚、毛包、肝臓、脳などの特定の組織において5α-レダクターゼによってテストステロンからDHTに変換されます。DHTはアンドロゲン受容体(AR)のアゴニストとしてテストステロンと比べてより強力に作用します(アンドロゲン作用が強い)。

DHTは頭髪減少(男性型脱毛=AGA)[2]や皮脂増加(痤瘡)、外性器の発達や前立腺の肥大と関連があります。 血中DHTの測定は、精巣内分泌機能などの異常が、5α-レダクターゼ欠損によるものかを調べるために測定されています。また、前立腺癌における内分泌療法(抗アンドロゲン療法)に対する臨床効果を予知する目的でも測定されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました