お知らせ

かつらの分類

かつらは脱毛程度、使用目的などによって次のように分けられます。かつらは脱毛程度、使用目的などによって次のように分けられます。

1.メッシュの種類による分類

種類特徴
メッシュウィッグ通気性に優れ、着用時に頭皮が涼しく快適。かつらを着用した状態でも髪を洗うことができ清潔。寿命が長く修理可能。一般人が使用するのに実用的。
スキンウィッグ
(ヘアコンタクト)
通気性がなく、着用時に頭皮が苦しい。敏感な頭皮の場合、トラブルが発生しやすい。着用のまま髪を洗うと水分が取れにくい。使用寿命が短く修理不可。特殊扮装などの撮影時に適している。

2.着用方法による分類

種類特徴
ボンド接着方式脱毛部分にボンドで附着する方法。頭皮が苦しく洗髪が不便で長く使用すると脱毛がさらに悪化する。
クリップ方式クリップを使い着け外しをするかつら。
テープ方式脱毛部分に髪の毛がない場合、両面テープで頭皮につける。

3.脱毛の程度に分類

種類特徴
全体脱毛程度が深刻、または全体的な円形脱毛や薬物治療で一時的な全体脱毛時に使用。
部位M字型脱毛、O字型脱毛、頭頂脱毛など部分脱毛の場合、脱毛部位をカバーする。

4.使用目的(機能性)による分類

種類特徴
がん治療用がん治療期間中に心理的な安定を図るために使用するかつら
頭頂部用頭頂部が薄い人が使用する。薄毛をカバーし、背を大きく見せる目的で使用する。
白髪用白髪が目立ち髪染が不便なときに使用。
やけど用傷跡部位をカバーする際に使用。

コメント

タイトルとURLをコピーしました