お知らせ

プロペシアはどんな脱毛症治療薬?

プロペシアはmerck社が開発して製造する約5mm程度の六角錠でコーティングされている経口用脱毛症治療剤です。 プロペシア1錠にはフィナステリドという物質が1mgが含まれているが、このフィナステリド成分が第2型5αリダクターゼ酵素を抑制する物質です。 5αリダクターゼ酵素はテストステロン(男性ホルモン)と出会うと脱毛を起こすDHT(ヒドロテストステロン)に変わります。 なので、この5αリダクターゼ酵素を抑制すると、脱毛因子であるDHTホルモンになることを抑制することで脱毛治療効果が現れます。

プロペシアは、特に頭頂部と中央前部の頭皮部分の男性型脱毛症の治療に効果があります。 プロペシアは男性に主に使用され、可妊期女性でなければ選択的に使用されることもあるが、子供には使用できません。 ほとんどの男性では、プロペシアは薄くなったり、ハゲが進行した箇所を埋めて毛髪の数を増加させます。プロペシアを服用した男性は使用2年間の脱毛速度が著しく鈍化するが、結果は様々だがプロペシアは額両側の側頭部でのヘッドライン減少を治療できます。 プロペシアを服用して効果が得られるには6ヶ月以上服用が必要だが、12ヶ月が経過しても効果がない場合にはそれ以上服用は意味がありません。しかし、このような治療効果は、投与する当時はその薬効が有効であり、服用をやめると数ヶ月後に非服用者と同様に脱毛が再進行します。

すでになくなった毛髪を再び生えてくるような効果はないが、毛髪の抜ける程度とスピードを著しく減少させ、毛髪をより太くする効果があるので、よりふさふさな髪の状態になることもあります。 少しの脱毛が進行中であり、現在の髪の状態を10年ほどよく維持できれば、10年後も現状のレベルの毛髪量を維持することができます。

多くの人がプロペシアを服用する際に最も心配することはは性欲減退という副作用だと思います。 性欲が減る症状、射精量の減少、勃起力の減少が1.5%程度で現れることがあるが、このような問題が発生しても薬を持続的に服用しなれば半分では自然になくなり、薬を断つと短時間で十分に回復するので大きく 心配する必要はありません。

プロペシアは妊娠中、または妊娠の可能性がある女性の使用は禁止されています。 もし妊娠中の女性が服用することになれば男性胎児の外部生殖器の異常を招くこともあり、肝機能に異常が生じた場合は必ず医師に相談したうえ服用するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました