お知らせ

女性の脱毛

女性型脱毛の症状は毛髪がますます細くなり、髪の毛が減るのは男性と同様だが、主に前髪で多く発生する男性型脱毛とは異なり、女性の場合は頭頂部位で脱毛が主に発生する。

頭頂脱毛の場合、前髪脱毛とは異なり、自ら認知しにくく、外的にあまり明らかにならず、治療に消極的なのが事実だ。 しかし、脱毛の性質上、原因が除去されなければ継続的に進行するため、必ず治療が必要である。

別の女性脱毛タイプは産後脱毛であるが、出産後のホルモン異常と出産による極度のストレスによって産後脱毛が発生することが多い。

ある調査結果によると、出産後産後脱毛を経験した事例が80%に達するほど、産後脱毛が出産の代表的な副作用として知られるほどだ。

産後脱毛は出産後急激に進行するある程度安定期に突入すれば次第に良くなるのが普通なのに6ヶ月が経っても継続的に進行すれば遺伝的な影響が複合することができ、必ず治療が必要だ。

他にも現代病と呼ばれるストレス疾患のうち女性に多く発生するストレス性脱毛も女性の代表疾患となっている。

このような様々な原因により女性脱毛患者が急激に増加しているが、女性に脱毛発生時に優先的に脱毛を防ぐことが重要であるが、男性の場合、DHTを抑制する脱毛治療剤で脱毛の原因を遮断することができるけど女性は脱毛治療剤の服用が制限されているため、治療が難しい。

そのため、主に塗る脱毛治療剤が多く使われており、症状がひどい場合は注射治療や毛髪移植を選択することもある。

妊娠と関係のない女性はフィナステリド成分の脱毛治療剤を服用しても構わないが、この成分は可妊期の女性の胎児に生殖器の副作用を招く恐れがあり、必ず専門医に診断を受けて服用しなければならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました