お知らせ

遺伝による脱毛

脱毛の最大の原因は「遺伝」によるものだ。

脱毛治療専門医は脱毛の原因において遺伝を最も重要な原因に挙げる。

ところが男性に比べて女性は遺伝による脱毛が非常に少ないと思う。

もちろん正確には「全く受けない」ではなく、その影響が「微妙たるものだ」が正しい。

統計的にも、脱毛治療のために病院を訪れる患者の半分に相当する48%が女性であることを考えると遺伝の影響を全く受けないという事実ではない。

では、女性の脱毛患者が増加している理由は何だろうか?

まず、初めに社会生活から受けたストレスによる脱毛だ。 職場で上司から受ける業務的な重圧感、職場仲間の間で生じる競争、既婚女性なら仕事と家事を両立しなければいけないことから生じるさまざまな負担と意見衝突が以前は経験したことのないストレスとなり、女性たちを苦しめることになる。

二つ目は頻繁な飲み会と不規則な生活だ。

飲み会も多くなり、積み重なるストレスが多いほど飲酒の機会も増え、生活も不規則的になり、脱毛につながることもあると言える。

第三は、老化現象で年をとるにつれて、女性ホルモンより男性ホルモンの作用に多くの反応をすることである。

おばさんは男性化されていくことになり、体型や体毛がどんどん男性のように変わっていくことで脱毛ができるようになるのだ。

ところが女性脱毛は本人だけにストレスを与えず、子供にもっと大きな影響を与えることになるのだ。

特に子供が男の子であれば、その遺伝的な影響は父の影響よりはるかに大きくなる。

しばしば親の中で脱毛遺伝の影響を与えることは父親の方がより高いと考えるが、実際には母親のほうが20%以上も高い割合で現れる。

したがって、子どもに健康な頭皮と毛髪を期待する女性なら、本人の脱毛管理にもっと気を使わなければならない。

子供に脱毛を遺伝で譲りたくないので悩んでいる女性や妻の脱毛が原因で悩む夫がいるなら、これから生活習慣を振りかえてみよう。

女性の場合、妊娠を計画中なら酒を飲むことをできるだけ減らし、当然禁煙すべきである。 不規則な生活をしているならできる限りで規則的に管理し、食事も塩っぱくて辛いなど刺激的なものは避けて豆、海藻類、野菜類をまんべんなく摂取すると効果的だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました