お知らせ

ビタミンを摂取することで健康な毛髪を維持できる。

私たちの髪の基本成分は、髪の80〜90%を構成するケラチンである。 このケラチン量によって毛髪の健康が左右されるが、ビタミンAはケラチン形成に影響を与え、不足時には毛髪が乾燥してツヤがなくなる。 しかし、過剰時には頭皮に部分的な脱毛を招く。

上皮細胞の健康と密接な関係があるビタミンAは、様々な臓器や皮膚に対する様々な疾患の予防因子として非常に重要である。 ビタミンAが不足すると、肌は荒れ、髪は弱くなる。 これはビタミンAがケラチン形成に影響を与えるためだが、欠乏時に毛髪がツヤがなく乾燥して毛穴の角質層が厚くなって毛穴を塞いで毛髪の成長が阻害される。

また、上皮組織の代謝の不均衡でフケを伴う脱毛や白毛症が発生する。 しかし、脂溶性ビタミンなので、過度の摂取は髪が抜ける原人にもなる。 毛髪の発育を促進するビタミンAが多く含まれている食品にはほうれん草、ニンジン、カボチャ、チーズ、トマト、卵黄などがある。

ビタミンB2は毛髪や皮膚の代謝に関与し、ビタミンB6が不足時に皮脂分泌が促進され、皮脂分泌調節のために使用されている。 美容ビタミンとも呼ばれるビタミンCは鉄の吸収を増加させるので貧血の予防に役立ち、不足時に異常なケラチン形成で異常な髪型を見せる。

ビタミンB複合体の中で特にパントテン酸は不足時に毛が白色に変化する現象が現れ、ビタミンB6が不足すると皮脂分泌が多くなり、脂漏性脱毛の原因となる。 他にもナイアシン、ビタミンB12などが毛髪の健康に影響を与える。 マグロ、セロリ、ほうれん草など緑黄色野菜などの菜食と卵、豆乳、海苔、魚などの植物性食品にはビタミンB群が多く含まれており、普段たくさん食べれば髪が簡単に抜けない。

組織のコラーゲン形成を助け、皮膚の健康および健康な毛細血管の形成と密接な関係があるビタミンCは美容に非常に重要なビタミンである。 ビタミンCは鉄の吸収を増加させるので貧血の予防に関与し、貧血による脱毛や変色毛の予防に役立つ。 ビタミンCが不足すると異常なケラチンが形成され、毛髪がねじれる現象が現れる。 ビタミンDは毛髪の発育を促進させる役割をするので、普段から日光を十分に浴びるようにし、ビタミンEは不飽和脂肪酸や細胞の酸敗による損傷を防ぎ、毛髪や頭皮の健康に不可欠なビタミンである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました