お知らせ

シェディング(Shedding)現象

脱毛を防ぐ目的で脱毛症管理製品を使ったらさらに髪の毛が抜ける場合があります。このような場合、多くの方が製品の使うことに懐疑的になりますが、この現象はシェディング現象である場合が多いので心配する必要はありません。

シェディングのSheddingはshedという意味で休止期の毛髪の場合に頭皮改善過程で頭皮組織の弛緩、毛穴拡張により、すでに役目を果たした毛髪が落ちる現象です。

シェディング現象は製品使用から約2ヶ月のあいたに現れ、徐々に改善される傾向があります。ほとんどの場合、抜けた毛髪のところに新しい毛髪が生えてきますので、心配することはありません。

毛髪の成長過程は成長期、休止期、脱毛期の3段階になります。毛髪は5〜6年間育ち、1ヶ月程度の休止期を経て2~3ヶ月にかけて脱毛します。正常な毛髪の人も1日平均60~120個の髪の毛が抜け、抜けた分だけ新しい髪の毛が生えてきます。

脱毛症関連製品を使う場合、薬効などによって毛穴を刺激します。その刺激で毛髪細胞から新しい髪の毛が生えてくることで既存の弱くなっていた毛髪を押し出すので一時的にたくさん抜けることがあります。

抜けた毛髪の先端部分を観察すると毛根がかなり細くなっていることが分かります。このような場合は約1〜2週間後、徐々に抜け毛の数が減少してきます。シェディング現象は約2ヶ月で終わりますが、2ヶ月後も1日100個以上の抜け毛が続く場合には専門医に相談してください。

このようにシェディングは正常な現象であり、毛穴から新しい髪が生えてくる際に発生する現象です。しかし、もし頭皮に紅斑、ひどいかゆみ、炎症が発生した場合はシェディング現象ではなく副作用である可能性が高いので専門医に相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました