お知らせ

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、脂質異常が原因で起こる髪の毛の脱落を指します。脂質異常とは、皮脂や皮脂腺に異常が生じることを指します。脂漏性脱毛症は、男性型脱毛症とも呼ばれます。

脂漏性脱毛症は、男性ホルモンの影響を受けやすい人に多く見られます。特に、20歳から40歳にかけて、男性ホルモンの影響が強いため、このような年齢層で脂漏性脱毛症が見られることが多いです。

脂漏性脱毛症の症状は、髪の毛が薄くなったり、抜け毛が多くなったり、頭頂部や前頭部に、抜け毛の傾向が強いことが多いです。また、脂漏性脱毛症によっては、頭皮に乾燥やかゆみを伴うこともあります。

脂漏性脱毛症の治療は、薬物療法や光療法などがあります。薬物療法では、男性ホルモンを抑制する薬剤を使用して、髪の毛の脱落を抑制することができます。光療法では、レーザーを使用して、髪の毛を促進することができます。また、髪の毛を整えるために、育毛剤やトリートメントを使用することもできます。

定義
頭皮にひどい脂漏性人説と脂漏性皮膚炎の兆候が伴い、脱毛が発生することになるので、脂漏性脱毛症は、髪の毛ごとについている皮脂腺が大きすぎるか、そのために頭に油生産が多すぎて、常に頭がかゆくて髪を巻くときに髪が 抜けることを言います。

原因
脂漏性脱毛症はフケと関係があります。 脂漏性脱毛症は、皮脂が必要以上に生成され、皮脂の質的特性により、皮脂が毛根部内に充満して毛根の皮膚組織との固着力を弱め、櫛をしたり、髪を巻くときに頭が抜けてしまいます。
この時抜けた毛根には白いアタッチメントが見えるのにこれを鏡などに付ければよく付く。 そのようなアタッチメントは皮脂塊です。 脂漏性脱毛症にかかった場合、頭皮が粘着感と一緒に毛髪を細く柔らかくなる特徴を持ってます。 概して女性にもたまに発生するが、ほとんど長年層の脱毛である人から多く現れ、長年層で頻繁に発生する理由から男性ホルモンの影響と考えられます。

分布
脂漏性脱毛症が現れる頭皮は、主に脂性型(脂漏性)頭皮である。 チ・ソンヒョン頭皮は全国民の約20~30%程度で、子どもから高齢者に至るまで、男女老所すべてで現れます。 このうち二次感染が起こる一部で脂漏性脱毛症が起こります。

治療が難しい理由
脂漏性脱毛症は頭が抜けるなどの頭皮の外に現れる疾患であるが、根本的な原因が私たちの体の中で作用するメカニズムの不均衡で起こると見られるからです。 したがって、単に脱毛管理を受けることに加えて、メカニズムのバランスをとること、すなわち体質の開設が重要です。

注意事項
脂漏性脱毛症の治療に留意すべき事項は、アトピー性皮膚炎のように単にステロイド剤などの薬物や塗ることでは根本的な治療が難しい。 薬物療法は症状を落ち着かせるかもしれませんが、治療に少し無視しても再発する可能性があり、長期間使用すると耐性の多くの副作用が発生する可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました