お知らせ

男性脱毛症

いつまでも若くて素敵なオトコを脱毛から守るために必ず知るべき男性脱毛症について理解しましょう。 40代を象徴するキーワードだった脱毛症。 しかし、最近では20代からの脱毛症が増えてます。 男性の脱毛症の種類と原因について調べてみましょう。

男性脱毛症の4タイプ
髪は毎日育ち、抜けることを繰り返します。 1日10個以下の髪が抜けるのは脱毛症とは言いません。 脱毛症とは、通常1日70~80個以上の髪が抜けることです。 男性の脱毛の最大の原因は遺伝と生活習慣です。 脱毛症はタイプ別にその原因が異なります。 男性脱毛症の代表的なタイプは、前髪部分が少しずつ上に上がるU型タイプ、頭頂部分から見たときにM字型が際立つM型タイプ、そして頭頂側がますます空いていくO型タイプ、この3種類のタイプが同時に現れる複合型タイプに分けられます。 最も一般的に現れる代表的な脱毛はM型タイプです。 いわゆる私たちがハゲと呼ぶ脱毛がまさにM型タイプです。

典型的なM型タイプの原因
一般的に男性の脱毛の最大の原因は遺伝です。 男性ホルモンであるアンドロゲンのテストステロンによるものとと知られてます。 このホルモンは男性を男性らしくするホルモンであり、ストレスなど様々な原因によって変形すると毛髪の成長に必要なタンパク質合成を妨げます。 髪は毛根の母乳頭からケラチンタンパク質を供給され育つが、タンパク質供給が妨げられると脱毛が進行します。 このようなホルモンの変形による脱毛はほとんど遺伝として現れ、一度進行が始まると治療が非常に難しい。 女性がはげないのは、女性には男性ホルモンが少なく、代わりに女性ホルモンであるエストロゲンが脱毛を防ぐからです。

二つ目の原因はストレスです。 ストレスを受けると脱毛が進みやすい体質に変わります。 ストレスをたくさん受けるとストレスホルモンが分泌され、男性ホルモンを促進させ脱毛を悪化させます。 精神的なストレスが多い職種の場合、脱毛症になりやすいです。

三つ目は食生活習慣です。 特にコレステロールが多い食品はストレスに伴い脱毛の主な原因となります。 血中コレステロールが増加すると男性ホルモンの生成を促進し、脱毛が悪化します。 また、インスタント食品や脂っこい食品は毛穴から多くの皮脂を分泌させ脱毛を加速させます。 インスタント食品や刺激的な食品は若年性脱毛症の原因になります。 その他にも深刻な大気汚染などの有害環境、過度なパーマやヘアカラー、そしてドライヤーも脱毛の原因となります。 また、化学成分を含むヘアスタイル製品の過度な使用も脱毛の原因となる場合もあります。

予防と管理
男性脱毛症は予防が最も重要です。 一度脱毛が始まると治療が難しいからです。 特に最も一般的な脱毛症のM型タイプの場合、頭皮自体が素肌のように組織化され、再生が容易ではありません。 そのため、普段から脱毛を予防する習慣付けが大事です。脱毛防止のためには、食習慣、ストレスの自己管理が最も重要です。 特に、秋には頭皮の清潔さとバランスのとれた食習慣に注意を払うべきです。 風が強い日にはなるべく外出を控え、毎日シャンプーで頭皮と髪を清潔に管理するのが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました